mora_logo_link

邪悪

夢、現実、妄想、空想、発明……現実と非現実の因果関係、昏睡状態や覚醒時の錯乱状態における自分自身の状態、主に臨死状態における自分自身の状態を振り返り、その結果、特殊な種類のスリラーが生まれるのだが、その長さは、伝記作家が特に長い文章を書こうと努力したというよりも、主人公の英雄的なスタミナによるものである。これでは物語も成り立たない。内容の多くは、しかし決してすべてではないが、因果的に結びついている。実存主義や表現主義の要素は、時系列の中で物語の流れや力学に繰り返し大きく介入することを許している。

大げさなスパイ・スリラーのように、主人公は政治的・資本主義的陰謀を暴いた後、世界を救うために、肉体的にも言論的にも相手側や中立的な観察者と交渉し、自らを犠牲にする。拘束衣、地下兵器輸送船、飛行機は積まないが浮遊都市である巨大なトリマラン空母の物語。長い追跡劇はなく、むしろ短いパッセージを分岐させ、ルートの選択から生じる危険を見極める。

この本は狂気の反映であり、心と経験の地平を苛む人、物、場所、抽象的な行動をシンプルな言葉で表現するファンタジー満載のスリラーである。

邪悪 は、2024年に出版予定の本の仮タイトルである。もちろん、最終的なタイトルはまだ決まっていない。また、次のような可能性もある: せん妄-目覚めた後もまだ捜査官がいる。 今のところ、本のカバーのアイデアは、グローバル化されたビジョンのボリュームと断片的な傾向を表現しているに過ぎない。

印刷版の出版社を探している。現状では、デジタルの利用権はMORAにある。これは、素材が非常に「非常識」であり、実際にAAA 3Dゲームでこの世界を実現するのは、それほど突飛なことではないと思われるためでもある。無敵だ。